目次

それまで、色々とやってきたけど、
うちじゃなくてもできるよなって。
そういう思いが積み重なってきた
時、前の会社を思い出して。
特許を取れる商品開発をやりたい
って思いの時にベトナムで照明と
出会って。

なんでベトナムで見たときに、
照明だ!
って思ったんですか?

自分がインパクトを受けたのが、
縦長四角のシートがこんな球体
になるんだって。

面白い!! と?

もう、これは面白いって!
で、
手を挙げて、宣言しちゃった。
照明メーカーになる!って。
何の先も考えてなかったです
けど、五角形のシートを切り
出して始めるわけですよ。
ワイワイと・・・・

・・・・と?

やろうろうって盛り上がるん
だけど、思ったように形にも
ならない状態が続くと、
【これ、やる意味あるの??】
って雰囲気になるわけですよ。
最終的には1ヶ月経っても形にも
ならない。

厳しいなあ。

でも、
なんとなくこうじゃないか
ってのは自分で見つけ出してたん
ですけど、言われたんですよ。
「これ、どう私達の
仕事になるんですか?」
って。

あー。

自分からすれば、
え??
って。
まだ始まったばかりなのに?
って。
でもね、それは普通なんです。
みんなにとっては。

そうですね。

結局、答えを探す為の仕事って
した事ないから。
みんな。
でも、自分はサラリーマン時代に、
ゴールがあるかどうか分からない、
答えを探す事が仕事だったんで、
自分にとっては普通だったんです
けども・・・

あれ?
安武さんからすれば、
ああこれではダメなのねっていう
答えが見つかってるんですよね。

そうですそうです。

だから、前に進んでる。

そうなんですよ。
で、数学で言ったら5角形なんで
12面体になるんですよ。

うんうん。

数学の理屈では球体っぽく
なるはずだと。

理屈では。

理屈ではなるんだから、あとは
物理的な道筋を探すだけだ。
と。
さっき言ったのと一緒よね。

忍耐と根性・・・
というわけでも無いか。

でもないでもない!
ああ、
久々に、こんなんやってるなー
くらい。

結局は、どれくらいかかった
んですか?

えっとね、
球体になったのは3ヶ月後くらい。
で、関わったメンバーにお披露目
をしたんですよ

こんなんできたよ!
って。

そしたらね、
涙流したメンバーもいるくらい
歓声も上がって。

(爆笑)

(爆笑)
でも、あれってひとつのきっかけ
で、そこからまた頑張るメンバーが
出てくる。

あー。

それはね。
みんなしたことないから。
仕方ないかなーって思ったん
ですけど。
今度は、そこから次々と問題が
発生しては解決しての繰り返し。

うんうん。

で、図面かきながら、コンマ
数mmズラしてみようかとか。

そこまで来ると1が生まれた瞬間
ですね。

あー、
でも球体になった時は繋ぎ目が
バラバラで・・・・。
(パネルの繋ぎ目)
繋ぎ目が綺麗じゃない。
繋ぎ目を綺麗に外で組み
合わせるのができなかった。

え??

もう、この状態でもいいかなー。
でも、製品としては半端よなー、
って思いながら1ヶ月くらい
先に進まず・・

(汗)

で、ある時、
お客さんと打ち合わせをしながら
中途半端なコハルを触ってた時に、
あ!!
ってピン!と閃いて。
試作品のある部分を
ハサミでザクザク切ると、
全部繋ぎ目が外に来るように
なった。
これがコハル最大のポイント!

解決!!

そう。
1ヶ月進まなかったのに。
あとは、素材をどうしようとか
デザインをどうしようとか。

実施設計ですね。

もう、そうですね。

そんな閃きからだったんですね。
意外でした。

そこまでくるのに半年近く
かかってて。
そこに開発の真髄というか、
0→1の真髄が詰まってるかな。
でも、みんな諦めかけてた状態で。

キツいですしね。

でも、自分の中では数学上の
答えは出てる。
そこにすらたどり着いてなかった
ら、諦めるんでしょうけど。
でも、答えはそこにある。

ああ。

そこにある答えの道筋を探す
だけなんだよって。
これはダメだ。
こっちもダメだって潰していく
だけ。
そうかって、みんなにも知って
もらえたかなと思ってますよ。

凄いですね。
なんか、独特ですね。
開発畑の人って、そんな
感覚なんですね。

そんなていうか、普通に。
【開発って、こうなんだぜ!】
って格好いい言葉が出てくる
訳でもなく、ただ潰していく。

僕なんかは、頭の中でいろいろ
考えて、突然きた!!
って感じなんですけど。

それはある。
いーっつも常に考えてて。
さっき言ったみたいに、何かの
きっかけで突然くる。

ヒントをずっと探してるんで
しょうね。
寝てる時もヒントを探してて。

ですよね。
寝てる時も探してる。

ああ、
そういうことなんですね。
    そうでないと、生み出すって
できないですよね。

生み出せない。
・・・・
だからね、今でも週の半分以上は
朝の4時くらいになる。
で、4時くらいにピカッっと来て、
誰か聞いて!!
ってなる。

(爆笑)

また始まったよーって(笑)

始まったよーじゃないって!(笑)

話したいんですよ。
と・に・か・く!
話したいんですよ。

それまでね、
練りに練ってきてるから。
  それ、分かります。

そんな仕事がね、
モノだろうがコトだろうが
基本、根本は一緒。
コハルが他の仕事と違うのは、
コハルは技術の開発から自社で
全部やった。
だから、うちじゃなくてもいい
仕事から脱出できた。

うんうん。

と、
コレ(コハル)があるから、他の
メーカーさんが、うちをコンサル
との違いを拾い上げられる。
同じフィールドで一緒に歩いて
いるんだって
感じてもらえる場ができた。

机上の空論の人じゃない
から信頼できるって。

話す内容も当然、みんなの
苦労やリスクが分かるから・・・

理解ができる!
泥臭いところからやって
いってますからね。

ページTOPへ