目次
bookmt
目次

ワーク・アズ・ライフとかって言う
じゃないですか。
仕事と生活という感じではなくて。

でも、
僕は工房に行ったら帰って来ないけど
(笑)

そうなんですよー(笑)

bookMt.(ブックマウンテン)の本山夫妻は、
そう語り、笑い合う。

bookMt.とは、佐賀に活動拠点を置く
家具作家ユニットである。
作家ユニットと表すると違和感がある
方がいらっしゃるかもしれない。

本山端沙がデザインを起こし、
本山広真が木に息吹を吹き込む。
それが彼らのスタイルだ。

もともと、水産系の大学に進学した
広真さんは、その後の紆余曲折を
経て家具制作の職人へと道を進む。
そして瑞沙さんは、建築系の道へ
進みながらも、家具制作へ。

最初の思いは違えど、家具の基礎を
学ぶため長野の技術学校へ進み、
夫婦ユニットとしての現在に至り、
今ではデザインと制作という分業
スタイルが定着している。

しかし、単純にデザインと制作を
切り分けるので無く、ふたりとも
制作に関する知識があるからこそ、
デザインの意図も制作の意図もよく
理解し合ったブレストが進む。

両者の意図を汲みながらブレストすると…

背板が内側に緩やかに入り込み、
座面は少し高め。
座面と脚の結合部は、スチール
パイプの組合せからヒントを
得たという遊びのデザインも
施されている。
※この遊びのデザイン部分を
形にするのが非常に手間がかか
る部分。まさに、ブレストの跡
が形になったもの。

ここで変な質問をしてみた。
建築設計でも造作家具を設計します
よね。家具作家さんの家具との違い
って何だと思われますか。

広真さんと端沙さんの答えが違う
のかなと思っての質問だった。

・・・・・

しばらくの間があった。

建築って、全体の構成とかバランス
を意識して考えてる気がします。
家具作家は・・・・
道具であると考えていると思います。

そう、彼らは道具として考えている
からこそ”試す”という工程を大切に
している。

座面の座りやすさも、背もたれの角度
もひじ掛けの高さも、とにかく実際に
自分達で使ってみて”試す”のだ。

試すといっても様々あるが

座面の角度、深さ、曲線の具合など
の使いやすさに重点が置かれる。
そのうえで、意匠的な確認のため、
曲線部や角度まで再現された
模型を制作する。
そこで意匠的なバランスを確認し、
修正を加えるのである。

だからか。
彼らの世界観を表すアトリエでは、
全体的な構成が美しいと感じるより
先に、人が座っていたり会話して
いたりと、人の気配を感じることが
できる。
使い手を想い想像し、bookMt.の家具
は細かに考えられているのである。
人間工学の数値というよりも、実際に
感じる感触を大切にしながら。

家具作家さんへの依頼は、
設計事務所から発生することが
少なくない。
つまり、既に建築家から全体の
イメージやオススメの家具など
アドバイスを受けたうえで家具
作家へ依頼が来るのである。

一方、
彼らへの依頼は、SNSや新聞取材の
から発生することが多いという。
こういった仕事の流れも、より一層
使い手の立場を意識するスタイルの
確立の要因となったのかもしれない。
また、
直接クライアントからの依頼を受ける
という事になると、既成概念を取り
払い自由に創作できるのかもしれない。

既成概念を取り払うと、どんな事でもヒントになる。

絵からヒントをもらって制作された
ローテーブル。
広がりを感じる空間を演出してくれる
このローテーブルは、和室の概念が
変わりそう。

自由なスタイルは、活動にも及ぶ。
SNSで時折発信される
「今日は園行事でお休みです」
は、お子さんの行事でお休みします
という意味。

毎年開催している旅する写真館
「いとう写真館」
では、その年の撮影のために
特別な椅子を制作するのだという。

チームアップ、SNSでの発信や
ワーク・アズ・ライフという概念。
彼らのワークスタイルは、現代的
であり、とても自由である。

〒849-0506
佐賀県杵島郡江北町大字上小田2351-3
Tel.0952-86-2244
http://www.bookmt.net/

ページTOPへ